カテゴリー別アーカイブ: リフォーム工事

パイン材の天井が張れました!!

こんにちは、大工の内田浩史です。

現在進めている伊勢崎市内の断熱リフォーム工事の現場です。

内装工事を入りました。

今回、大事な断熱材を充填しました。グラスウールになります。

天井:10Kの100mm×2枚

壁:16Kの100mm×1枚

天井の仕上げは、パイン材の板張りをしました。

当社では、ウレタン系の接着剤と釘で取り付けていきます。

ゴールデンウィーク後は、床や壁を仕上げていきます(^_^)v

1505021CIMG1397▲断熱材は、気密性が重要なので、しっかりと隅まなく充填します

1505022CIMG1408▲天井は、二重で交差するように充填します

1505023CIMG1410▲無垢材は、湿度で伸びたり縮んだりするので、ウレタン系の接着剤を併用しています

1505024CIMG1411▲見えないところに釘を打っていきます

1505025CIMG1415▲パイン材の天井が出来上がりました(^O^)/

レッドの金属サイディングを張りました!!

こんにちは、大工の内田浩史です。

現在進めている伊勢崎市内の断熱リフォーム工事の現場です。

外部工事を進めました。

まず、透湿防水シートをはり、胴縁といわれる下地の材木を取り付けます。

そして、軒天を施工します。今回は、レッドシダーの板張りです。

いよいよ、サイディングの工事になります。

2種類のサイディングを使いました。

1.金属サイディング:はる一番(ケミュー製) スマートスパン柄(ディープレッド)

2.窯業サイディング:モエンエクセラード(ニチハ製) キャスティングウッド柄(ノースグリーン)

両方とも、縦に施工しました。

いい感じに仕上がったと思います。(この時期は、花があって工事写真もきれいですね(^-^))

外部は、板金工事がまだ残っていますが、内装工事に入っていきます(^O^)/

1504281CIMG1382▲外壁下地(透湿防水シートと胴縁)

1504282CIMG1383▲レッドシダーの軒天。通風を確保しています!

1504283CIMG1384▲金属サイディング、スマートスパン柄(ディープレッド)

1504285CIMG1388▲窯業サイディング、キャスティングウッド柄(ノースグリーン)

1504286CIMG1393▲きれいに仕上がりました(^O^)/

断熱リフォームがスタート(^o^)/

こんにちは、大工の内田浩史です。

4月に入り、伊勢崎市内の現場で断熱リフォーム工事をスタートしました。

外壁(ALC)及び内壁を解体し、断熱材を充填します。

省エネ住宅ポイント制度を活用する予定です。

天気が雨の日が多く、予定より遅れていますが、

解体し、耐力面材「ダイライトMS(大建工業製)」を張り、窓もペアガラスのものを取り付けています。

来週は、新しい外壁を張っていく計画です。

楽しみです(^o^)/

1504181CIMG1362▲外壁と内壁を解体

1504182CIMG1365▲外壁(ALC)を解体。ALCの解体は大変です!!

1504183CIMG1366▲住みながらのリフォームの場合は、部分的に解体し、ダイライトまで仕上げていきます。

1504184CIMG1368▲窓まで取付完了(^-^)

棟瓦の葺き直し工事を行いました!

こんにちは、大工の内田浩史です。

今週の月曜日(15日)から3日間(1日雨天のため休)で

棟瓦の葺き直し工事を実施しました(^-^)

今年は、2月の大雪が原因で、屋根瓦の工事が多い一年でした。

今回は、ここ近年の地震が原因で、棟瓦が崩れ始めてきた感じでした。

雪が原因ではなかったので、伊勢崎市のリフォーム補助金を利用しました。

1412183CIMG1064▲工事前。蛇のようにくねくねし、のし瓦が出てきている

1412181CIMG0640▲工事前。銅板の谷の部分。だいぶ腐食が進んでいる

1412182CIMG0648▲穴が空いてしまっているヶ所もあり、雨漏りの原因

1412184CIMG1070

▲今回は、既存の瓦を再度葺き直していきます

1412185CIMG1071▲瓦を掃除しながら、はずしていきます

1412186CIMG1081▲銅板を新しいものに取り替え、瓦を戻していきます

1412187CIMG1087▲鬼瓦は、しっかりと固定します

1412188CIMG1100▲南蛮漆喰を使用し、積み上げていきます

1412189CIMG1115▲美しく、しっかりと仕上がりました(^O^)/

トイレのリフォームをしました!

こんにちは、大工の内田浩史です。

今週は、伊勢崎市内でリフォーム工事をしています。
今回は、トイレのリフォームについて投稿します。

内田工務店では、トイレ便器を取り替える場合は、リフォーム用の便器ではなく、通常の便器(新築などで使用するもの)を取り付けます。リフォーム用は、詰まりやすい傾向があるように思います。
しかし、工事金額が少し高くなります。排水の位置を変える必要があるからです。コストは多少高くなりますが、長い目でみるとお得だと思います。

▼伊勢崎市のトイレリフォームの現場です。リフォーム前のトイレです1410221CIMG0827

▼床に作業スペースを作り、排水管の位置を変更しました1410222CIMG0828

▼床のフローリングも張りました。ホワイト系の石目柄。明るい印象になりました1410223CIMG0827